ようこそ小諸教会のホームページへ

​わたしたちは日本キリスト教団小諸教会です。小諸教会は1893年にカナダの宣教師らによって立てられ、国内に1700の教会を持つ日本キリスト教団に属するプロテスタント教会です。また、国の認可を受けた「宗教法人」なので、教派や法人に属していない教会やキリストの名を語る新興宗教とは一切関係がありません。

重要なお知らせ

    1、当面の間、礼拝堂における礼拝を休止します

 長野県の感染状況はレベル3に下がって来ました。しかし、どうもレベルが下がると安易に1つの所に人が集まりやすいことから、小諸教会ではレベルが下がったことを理由に集会を再開することはせず、まもなく開始するワクチン接種によってどのように状況が変わってくるかを見据えることにしました。役員会にて協議した結果、ひとまず2月21日(日)から3月7日(日)まで、礼拝堂での礼拝を休止いたします。但し、日曜日の朝はキリストの復活を記念する時なので、この時間には、各自において「家庭礼拝」を行ない、神の恵みに対する感謝を献げる生活は継続して行なってください。献金はまとめて3/14(下記「3」参照)にお献げください。どうぞ、ご家族へのお誘いも忘れずに。

 

       2、家庭礼拝を行なうにあたって、

 これまでのメッセージが教会に保存されています。また、教会のホームページでは2019年9月1日から2021年2月14日までのメッセージを聴くことが出来ます。これらのものをご利用ください。これ以外のものが必要な場合は、遠慮なく山田牧師か役員までお申し出ください。

 

       3、主日礼拝の再開は3月14日(日)

この日、第一礼拝の「子ども礼拝」は中止です。10:20より主日礼拝を45分を目処に終わるように行ないます。必要に応じて個人にて感染予防対策を行なってお越しください。礼拝堂入口では、備え付けのアルコールにより必ず消毒を行なってください。説教壇には山田工務店によってアクリル板が設置されました。でも、これらの対策だけでは万全ではありません。ご心配な方は、引き続き家庭における礼拝をお献げください。礼拝堂での礼拝を欠席することによって信仰が疑われたり、神さまの救いのご計画から外されるようなことは決してないのでご安心ください。神を礼拝をするその場に神が伴われるのですから。

 

             4、今後

 3月14日(日)の礼拝後に3月の定期役員会を開催し、その後のことについて検討します。必要な情報はこのページにてお知らせします。不明な点は牧師か役員に遠慮なくお尋ねください。尚、教会堂は施錠せずいつでも入れるようにしてあるので、礼拝堂で祈りの時を持ちたい場合は、断りなく利用できます。どうぞお健やかに!

 

主の平和!

 

​(2/14更新)

BELL・リードベルオルガン 

小諸教会がカナダメソジスト教会の宣教師A・R・ストーン牧師によって牧会されていた1931年当初、ストーン先生が休暇でカナダに帰国する際、「再び小諸教会に戻る時、みやげに何かほしいものは?」と問われ、教会の皆さんが「ぜひオルガンを」とお願いした。その後、カナダメソジスト教会から、中古ではあったが、Wm. BELL & CO社製のリードオルガンを、ご寄贈いただいた。87年前のことである。波に揺られながらの長い船旅によって、最初は音を奏でることが無かったが、2000年、調律師による修理が施され、現在では、毎週の礼拝に欠かせないものとなっている。このオルガンはおよそ100年前に製作されたものと思われる。

礼拝堂は鉄筋コンクリートで壁が柱の代わりとなる壁柱。いわゆるうちっぱなし構造。国道18号「三和」の交差点から遠くに八ヶ岳連峰や北アルプスの眺望を楽しみながら降りて来ると、道路の左側に、園児が描いた壁画のある大きなコンクリートの建物がみえてくる。これが小諸教会。

Show More

© 2018 日本基督教団 小諸教会ホームページ

2020.08.02 1432 a
0137(HP用モザイク処理済み)
幼稚園の園庭(秋2)
2018.12.24 1910
2018.12.24 1903
2018.12.09 1210
2018.12.24 2018
2018.12.23 1142(文字入り)
平和礼拝(戦争体験―井出さん)
11.10.06 ⑥
2018.12.09-02