1908年(明治41年)創業の​小諸幼稚園は、小諸市においては最初に立てられ、小諸市のブランドとして長い信頼と評価を受けながら歩んでいます。1984年には、学校法人信濃キリスト教学園として、松代幼稚園(長野市)、入舟幼稚園(飯田市)と共に歩み出し、1996年には大町幼稚園(大町市)がこれに加わり、現在ではこの4つの園が同一法人の下で運営が展開されています。2016年には幼保連携型認定こども園の認可を受け、少人数制を維持しつつ、多角的な保育が展開されています。詳細はウェブをご覧ください。
現在は、この3月に完成した新園舎にて保育事業を行なっています。新園舎建築に関する詳細は、下の赤いバナーをクリックして「小諸幼稚園新園舎建築に関して」のページをご覧ください。